【重要】貸室利用のキャンセル料返金対応等について

3月29日更新

札幌市内での新型コロナウイルス感染症の感染が改めて拡大していることから、不要不急の外出やほかの地域との行き来を控えるよう、北海道より協力要請がなされました。これを踏まえて、2月28日をもって終了していたキャンセル料返金等の対応を、以下の通り再開することとなりましたので、ご協力をお願いいたします。

■キャンセル料返金対象期間(貸室利用日)
 令和3年3月27日(土)~4月16日(金)

 ※但し、北海道の警戒ステージの変動に応じて変更する場合があります。
 ※対象となる申出日は、3/27以降です。
 ※感染リスクを回避できない場合のみの対象となります。
感染拡大のリスクがある利用例としては、
1. 貸室内において、人との距離が十分に保たれない長時間の会合など。
2. 5人以上での飲食の集まり、マスクをしない大声での会話、2時間を超えるような長時間の飲食
3. その他、参加者の年齢や人数、利用目的の形態などから、感染予防策を講じても、感染拡大のリスクが回避困難と考えられるものなどです。

コミュニティ施設における具体的な感染防止対策としては、

🔸飲食時でも会話の時はマスクを着用する「黙食」の実践
🔸休憩場所など、感染リスクが高い場所での対策の徹底
🔸人との距離を取るなど「3密」を回避する行動の徹底
🔸マスク着用時にも大きな声での会話は控えるよう徹底
🔸こまめに、十分な量のアルコール等での手指消毒の徹底
🔸ドアノブなど共通で触れる部分の消毒を徹底

など、従来から徹底して実施し、ご協力も頂いている項目ですが、更なるご協力をお願いいたします。